バイアグラを購入する注意点

バイアグラを購入したのだが、まったく効果がなかったとか、異物が混入されていて、身体に異常をきたした、死に至った、といった話を聞くこともあります。

まず、バイアグラには血圧を下げる作用があるため、狭心症のお薬を服用している人に対しては、医師は処方できないことになっています。

このため、個人で購入する場合も、注意しなければいけません。心臓病や糖尿病、血行障害などの持病を持つ人も服用はできないことになっています。

また、日本国内ではバイアグラの購入を医療機関でする場合は、25mg錠と50mg錠だけが許可され、100mg錠は許可されていません。どのような薬でも、やはり過剰に摂取するのはよくないものです。

100mgのような必要以上の量のものを服用すると、ペニスの海綿体を急速に勃たせたり収縮させたりするような無理をかけるため、4時間以上勃起する持続性勃起症が起きる恐れがあります。まずは、自分の体調をよく知り、できれば医師とも相談して、決められた用量を守ることが大事です。

あの興奮をもう一度味わいたい、というような気持ちで、安易に多量を服用するのは避けることです。さらに、個人で購入する場合は、信頼できる業者から購入することも大切です。

偽物も多いことから、偽物だと、異物が混入されているような、極めて悪質なものもあるようです。こうした偽物を服用した場合、死に至るようなケースは極めて稀とはいえ、身体に深刻な状態が生じる恐れは大きいものです。

ED薬にはバイアグラをはじめシアリスやレビトラという物もあります。これかは全て同様で決められた量を守って使用しなければなりません。

個人輸入サイトなどで購入することができます。バイアグラは、正しく使用すれば、軽い副作用がある程度で、危険性はないといえます。

むしろ、注意すべき点は、偽物を購入しないことでしょう。偽物と本物の見分け方としては、製造・販売元のファイザー社の正規品の場合、ボトルに、本物の識別のために利用される微小な無線ICチップを内蔵したFRIDタグが付いています。

また、錠剤を水に溶かしてみたときに、溶け方の違いもあるようです。

ただ、こうした違いは購入時、写真だけではなかなか判別しにくいものでしょう。さらに、購入してから偽物とわかっても遅いものです。

やはり、個人で購入する場合、まずは信頼できる業者から購入することが大事です。

電柱などに、安く売ります、などと書かれた宣伝を見ることがありますが、こうしたところは避けることです。価格的にあまりに安いものは偽物と見るべきでしょう。支払方法で、代金引換OKというところも注意すべきです。