カマグラ服用時の注意点

精力剤カマグラの有効成分としてバイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩を含有しているので効果や副作用、併用禁忌薬はバイアグラとほぼ一緒です。作用機序もバイ アグラと同様にホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害してサイクリックGMP(cyclicGMP)の分解を抑制し血管を拡張させることで男性器の海 綿体の血液を増量し、勃起不全(ED)気味になるのを防止するという他のED治療薬と一緒です。しかし錠剤タイプ、ゼリータイプ、発砲タイプ、舌下錠タイ プと成分を体に吸収させる方法が異なったり、製法に違いがある以上、バイアグラと全く一緒とはいえません。よって、バイアグラと全く同じ効果が保証される ものではありませんので、その点ご留意ください。
精力剤カマグラは50mgと100mgがありますがインド国外にて流通しているのは、ほとんどが100mgです。よって服用の際にはなるべく半分に割り50mgにして服用することをお勧めいたします。
併用禁忌薬は同一の有効成分であるバイアグラと同じでニトログリセリンなどの硝酸剤と、不整脈のお薬である「アンカロン錠」や「アミオダロン塩酸塩錠」です。
インドでは「製法特許」というものが日本とは違い、認められています。それは成分が全く同じ薬品でも作り方さえ変えてしまえば合法的に薬品を販売できてしまうということです。そのため、バイアグラとほとんど同じ効果を持つ精力剤カマグラゴールドも非常に安い価格で手にいれてしまうことができるのです。
製法に違いがあるため、完全に同じ効果があるとは言えないとされていますが、バイアグラは効果を感じたけれど、カマグラゴールドでは感じなかったという人はまずいません。バイアグラより認知度は低いですが、その効果は確かなものとなるでしょう。